スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕入れのコツ

では実際の仕入れのコツを簡単にお教えしたいと思います。

まず仕入れの目的はamazon(ヤフオクなどでも良いですがここではamazonとします)で売って利益の出る所商品を探す ということです。


つまりamazonで高く売れる商品(ここでは本とします)はどんなものか、と考えればいいわけです。


ずばり僕たちせどらーが狙っているamazonで高く売れる本とは「ニッチな本」です。


ここでいうニッチとは、マニア性の高い、つまりは一部の人しか欲しがらないような本のことです(たまに廃盤など希少価値の高いものも狙いますが、これは知識とリサーチが必要なので後回しにします)。
ジャンル的に例を上げるのならば、医学関係の本などです。
医学関係の本なんて、医者や看護師などを目指す人以外買いませんよね。


しかしせどりをしていない人や始めてまだ間もない人は、本当にそんな本が売れるの?と思うと思います。
うちの親もそうよく言っていますし笑。
これが全然売れるんです。物によっては出品後すぐや、大体数日~数週間くらいで。


だから本を仕入れるときなどはニッチな本を考えて探して見つけ出してサーチすると良いと思います。
それ以外にも定価の高い本なども狙い目かと思います。
たまに単Cの棚に薄い本でも定価3000円とかありますから注意してみてくださいね、そういうのに限って高く売れたりしますから。

あ、ちなみにamazonで商品を検索した時にamazonランキングとあると思いますが、人によってはランキング10万以内の本しか仕入れない!などという方もいらっしゃいますが、僕は見込み利益によって目安分けています。

利益が1000円ほどであれば30万位以内、2000円以上は50万位以内、それ以上はあんまりランキングなんて気にしません(笑)
結構ランキングってあてにならないんですよね、100万位の本が1回売れたら2万位くらいになっちゃったりしてますから。

ってなわけでランキングにはあまり固執しないで参考程度にした方が良いと思います^^


スポンサーサイト

仕入れについて

以上のようにせどり

 仕入れ→販売→発送

の3つの流れ(大雑把にいうと)から構成されているわけですがその中で一番重要なのはやはり「仕入れ」の部分です。
皆様はブックオフで実際に「せどり」をしようとしてみたと思うので分かると思いますが

「どの棚のどの本を見ていいか分からない!」 「本がいっぱいありすぎ!」

と思ったと思います(笑)


そこでどこの棚から見るのが良いのか、自分なりの流れをお教えしたいと思います(これは本当に人によって違ってくるので、何度かブックオフに通って自分なりの流れを身につけると良いと思います)


まず僕の場合ですが、やはりまず単C(105円の棚のコーナー)に行きます。
ここが一番仕入れの代金が低く抑えられるので僕は好きなのです(笑)

そこを一通り見た後には、雑誌・大型本のコーナーに移ります。
ここは様々な金額の本が置いてあるので、気になった本の一つ一つの金額を調べながら、携帯でサーチしてどのくらいの利益が得られるか調べます。

そして次にDVDコーナーに行き、ここはいつもささーっと一通り見るくらいで、プロパー(単行本の大体定価の半額ほどで販売されている棚)のところに行き、気になった本を調べます。

ざっとこんな感じで時間は大体早ければ30分ほど、じっくりサーチしたときは1時間半くらいでお店を出る感じです。


いろんなやり方の人がいらっしゃると思いますが参考にしていただけると幸いです。

出品してみよう

それではamazon出品してみましょう。

皆さんamazonに登録は出来たでしょうか?
ここでは登録できたとして話を進めていきたいと思います。

自分の出品したい商品をamazonで探し、商品ページの右側の「マーケットプレイスに出品する」というボタンを押します。
すると商品のコンディション説明ページになると思うのでそれを記入し、次に価格を記入します。そして出品するのボタンを押せば出品の完了です!

どうですか?簡単ですよね。

このような形で出品して、売れたらamazonから発送してくださいとメールがくるので購入者様の宛先に送ればオッケーです!


豆知識なのですがamazonで売れ安くするためには出来るだけ1円でもいいからその商品の最安値で出品することが一番重要です。
みなさんも商品を買う時にやっぱり1円でもいいから安く買いたいですよね。


ちなみに価格の改定はamazonの自分のページの出品商品を確認する、という項目から行えます。
けれど出品数が多くなってくると1個1個の価格改定が面倒になってくると思うので、価格改定ソフトというものを使うことをおすすめします。
これについてはまた後日説明します。


以上が大体のせどりの流れ、ということになります。
これを繰り返して利益を得る、という訳です。


これからもたびたび初心者さんのためのお話をしたいと思ってますのでよろしくお願いします^^

それではせどりをしに行ってみましょう。

それではせどりに行ってみたいと思います。
まずとりあえずお近くのブックオフに行ってみましょう。


始めは本がいっぱいあってどこからどう見ていけば良いか分からないと思いますが、とりあえず棚の上に105円と書いてある105円の単行本の棚(これを単Cと呼びます)のところに行きます。

この単Cの棚にもたくさんジャンルがあると思いますが、最初はどのような本が高く売れそうかどうかは全く分からないと思うのである程度定価が高い本を取って、携帯のアプリを使って値段を調べてみましょう。


・・・どうでしょうか、おそらく携帯で調べてみると(サーチしてみると)1円の本ばかりかと思います。
最初はそんなもんです。
けれど1、2時間ほど携帯サーチをし続けると、数百円するものや、1000円以上の物も見つかったりすると思います(ここで1000円超えがたくさん見つかったのならば、あなたにとってせどりは天職だと思います笑)。

慣れてくるともっとスピーディーに見つけられるようになったりします。


そうしてもし売れるものが見つかったら、早速amazonに出品してみましょう!
何も見つからなかった人も出品作業に慣れるために家にある本などを携帯サーチなどして価格を調べて売れそうなものを見つけて、出品してみましょう。

せどりに行く準備

とりあえずさっそくせどりに行きたいと思いますが・・・その前に準備をしましょう!
準備は大事ですからね。

では、まず何を準備したら良いか・・・

 ①携帯電話
 
 ②お財布

 ③やる気と勇気(最初は根気も必要ですね)

まぁ大体これがあればせどりはできますね。慣れてくればカバンなども持っておくと良いですが。

②のお財布は仕入れ品を買わなければいけないので必要なのは当たり前でなのでおいておきますが①についてまずはお話しします。


せどりは基本的に自分で売れそうだな、利益が出そうだな、と思う物(ここからはそれを本として仮定しますが)を探すのですが自分が売れそうだと思った物が本当に利益が出るのかは調べなければ分かりません。

そこで調べるために必要なものが携帯電話なのです!
携帯にはアマゾンの相場をチェック出来るアプリがたくさんあります。
(自分はスマートフォンを使用しているので、「amazonバーコード」というアプリを使っています。)

そのようなアプリを利用して相場を調べていくのが良いと思います。

それでは試しにせどりに行ってみましょう。

| NEXT>>

メニュー一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

★ぴーすけ☆

Author:★ぴーすけ☆

フリーエリア
FX
アクセスランキング
プログランキング参加中! 良かったらぽちぽちしてください^^
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。